2008年02月26日

Show Dan!!

今日2/25は、昇段システム実装後の初めての試験日。
昇段試験は毎月下一桁が5・0の日の17時〜21時に行われるそうです。
一定の条件をクリアした人が合格し、合否に応じてトレーニングが進むというのが昇段システムの概要だとか。
そんなわけで、早速様子を見に行って来ました。


…わたしは いま もりの はずれにある
しょうだんしけんじょう とよばれる
おおきな しろの まえに いる。



昇段試験場はイメンマハ北部、コイルダンジョンのやや東よりにあります。
試験期間外でも開いているようですが、試験期間外は当然ながら試験を受ける事はできません。

17時を回り、試験受付開始。手持ちのランク1スキルで昇段試験を受けられるのはIBのみ……ということで、IB昇段試験に申し込みました。
費用は10000G。どうも、リアル1日に1回限りしか受けられない様子?
さすがに1日に何回も受けられたらあっという間に3段まで行っちゃう人も出るでしょうし、そこら辺はまあ当然といえば当然でしょうか。


試験開始30秒前。人多ッ!!



エントリーは10分間。
その間に3人以上集まれば試験が開始されます。
集まらなかった場合はどうなるのかな…次の10分に持ち越しなのかしら。


試験中。


試験は特定スキル(IBであればIB)で与えたダメージがそのままポイントになります。
また、試験を開始した時点で手持ちのアイテム(装備も含めて)は一旦没収。改めて試験専用の服と装備が支給されます。
IB試験の場合はアイスワンドと服のみでポーション類は一切なし。
つまり殴られたら憤死確定。

また、敵は全て多タゲ前提のアクティブモンスターで、迂闊に突っ込むとフルボッコされます。
やられた場合はその時点で持っているポイントの10%がペナルティとして引かれ、5秒の待機時間の後ライフ・マナ・スタミナが全快に。
マナポーションのドロップ率も低いようなので、魔法系試験はこのあたりをうまく使う必要がありそうです。

そんなこんなで、試験は1部屋最大6人中ポイント上位3名が通るというシステム。
どうにかこうにか3位に入り、昇段試験成功となりました。


こんぷりーと。



1段へ昇段するための必要APは7でした。


もともとディフェンスをあげる程度しか考えていなかったので、APには余裕があり。
そうなると、やるしかないよねー。ということで。


1 Danて。


せめてもうちょっとなんとかならなかったのかこの訳は(´・ω・`)

次の試験は3/5ですが、ちょっとお休みしようかと。
あまりカツカツやってもAPが足りないですし、ね。


*おまけ*


プレドラさんが昇段祝いをくれたよ。
posted by Bluebelly at 00:07| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。